初診でトリキュラーを購入し膀胱炎になってしまった

トリキュラーは経口避妊薬で、正しく服用すればかなり高い避妊効果が期待できる薬として認知されています。
21とか28という風に薬の名前の後ろに数字がついていますが、これは、薬を服用する期間が21日なのか28日なのかという事を表しています。
21の場合は、21日に感薬を服用し、その後7日間は休薬期間と言う事で何も服用しないタイプです。
28の場合は、28日間ずっと薬を服用する事になりますが、実はトリキュラーを服用しているのは21日間で、残りの7日間は偽薬を服用すしています。
実際には休薬期間を設けているのと同じですが、毎日薬を飲み続ける事になるので、飲み忘れを防ぎやすい方法と言えます。

トリキュラーは初診でも処方してもらう事が出来るし、勿論海外医薬品の個人輸入でも入手する事は可能です。
正しく服用すれば、それ程大きなトラブルを心配する必要はなく、比較的副作用も少なくて済む薬です。
ただ、服用期間は長くなるので、その間には体調が悪くなってしまう事もあるし、風邪を引いたり、人によっては膀胱炎になる場合もあります。
膀胱炎の治療には抗生剤を利用するのが一般的です。
何も薬を服用していなければ併用について心配する必要はありませんが、トリキュラーを服用している場合は併用しても良いか心配だという人もいるでしょう。

膀胱炎の治療は病院で行う方が安心です。
特にトリキュラー等ピルを服用している場合は、抗生剤の種類によってはそのピルの成分の吸収率をぐっと下げてしまう可能性もあるので、充分注意しなければいけません。
したがって、膀胱炎になったからと言って自己判断で薬を服用するのではなく、まずはトリキュラーを服用しているという事を伝えた後、それに合う抗生剤を処方してもらう方が安全です。