トリキュラーの産婦人科での購入と月経異常度

月経異常には、月経周期の異常、出血量の異常、月経持続期間の異常、月経痛などの症状があります。これらの症状があれば、産婦人科を受診し、原因となる疾患がないか検査します。
低用量ピルのトリキュラーは、原因となる疾患がなく、妊娠を希望していない場合に処方されます。トリキュラーは、21日間飲み続けて7日間休薬期間をとります。この休薬期間中に、消退出血といわれる生理のような出血が起こり、月経周期を安定させることができます。
また、トリキュラーは、子宮内膜を薄く保つ効果があるため、生理の出血量が少なくなります。このため、出血量の異常のうち、過多月経に効果があります。月経痛は、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンという痛み物質が引き起こしますが、子宮内膜が薄くなることで、月経痛を軽減させることもできます。鎮痛剤が必要だった人も、鎮痛剤なしで日常生活が送れるほどの効果があります。
このように、トリキュラーは、月経痛と月経過多の人に適しており、子宮内膜症やPMSにも有効です。
トリキュラーは、3相性ピルというタイプで、ホルモン量が3段階に変化しています。女性の自然はホルモンバランスに合わせて作られており、不正出血が少なく、人気のある低用量ピルです。月経異常で産婦人科を受診して処方してもらった場合には、その後の受診の際に、必要に応じて検診や血液検査がありますので安心ですが、個人輸入代行などで購入した場合には、継続して使用するなら定期的に検診を受けるように心がけましょう。
トリキュラーは、毎日同じ時間帯に1錠ずつ飲みます。飲み忘れのないように、アラームをセットしたり、置き場所を工夫して、日常生活に組み込むようにしましょう。