トリキュラーの大阪での処方と避妊の限界時期について

トリキュラーの大阪での処方に関しては、婦人科などを受診して血液検査やカウンセリングを受けてから薬を受け取ることで安全にトリキュラーを服用することができますが、個人輸入代行業者から購入して自分の判断で服用していると副作用についての相談や避妊の限界時期についてのアドバイスを聞くことができないので、大きなデメリットになります。トリキュラーは低用量ピルなので安全性が高いのですが、女性の体を妊娠状態にする作用があるので、妊娠中の女性に特有の血栓症のリスクなどが副作用として出る可能性があります。血栓症のリスクに関しては年齢には関係ありませんが、喫煙をしているとリスクが2倍になるので、医療機関ではピルを処方してもらえない場合があります。個人輸入代行業者から購入する場合にも血栓症のリスクに関して把握しておかないと危険な場合があります。ピルを服用する年齢は20代から40代までで、生理が続いている期間は服用することができますが、更年期障害などを予防することができるので、子宮筋腫などの症状の改善のために服用している女性も数多くいます。基本的にトリキュラーなどの低用量ピルは自由診療なので、健康保険による割引がないので、個人輸入で購入しても同じくらいの価格になりますが、血液検査や定期検診などを受けないと副作用や血栓症のリスクがあるので、最初の段階では医療機関を受診する必要があります。また飲み忘れが多い場合には毎日服用するタイプのトリキュラーもあるので、生理の周期などを考えずに服用することができます。ピルの飲み忘れは体に負担になるだけでなく、その後の2週間は避妊の効果がなくなるので、飲み忘れた場合には24時間以内ならば2錠服用すると避妊効果が続きます。